疑眼人ブリリアント

宝玉虫ギガント・ブリリアント
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
twitter
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - | - |
カオポインフィニティ
カーキン見て強くて安そうだと思ったので組みました!!!!!

カオポインフィニティとは、相手ターンにカオポがいるときにインフィニティしてシンクロとかエクシーズ邪魔したりバトルフェイズ邪魔したりすることです!!!!!




10
3《カオスポッド》
3《闇の仮面》
2《機皇兵グランエル・アイン》
1《幻想召喚師》
1《X・E・N・O》

13
3《成金ゴブリン》
3《強欲で謙虚な壺》
2《打ち出の小槌》
2《名推理》
1《一時休戦》
1《大嵐》
1《手札抹殺》

17
3《カオス・インフィニティ》
3《ゴブリンのやりくり上手》
2《荒野の大竜巻》
2《ゴーストリック・パニック》
1《魂の一撃》
1《転生の予言》
1《バースト・リバース》
1《ピンポイント・ガード》
1《ゴーストリック・ロールシフト》
1《神の宣告》
1《大革命返し》

愛する人とのんびりデュエルを楽しみたい時に使うデッキです。
カオスポッドとカオスインフィニティで遅延しつつ相手の魔法・罠を枯渇させ、弱ったところにカオスポッドビートで止めをさします。
デッキの半分以上が弱いカードで出来ているため、カオスポッドを引く力が求められます。

コンセプトは3つ
・のんびりデュエルする
・戦闘ダメージで勝利する




《カオスポッド》

言わずと知れた最強カードです。
妨害・デッキ破壊・リクルートを一柱でこなします。


《闇の仮面》

カオスポッドの落とした罠カードを拾います。
捨てるkamiあれば拾うkamenありということです。


《機皇兵グランエル・アイン》

単体で3200まで処理できる召喚誘発効果を持つ機皇兵です。
1枚だと引いてしまったり奈落に落ちた場合に《カオス・インフィニティ》が発動できなくなるため2積みです。
《機皇兵ワイゼル・アイン》はインフィニティから出せる1800打点、《機皇兵スキエル・アイン》はリクルートでデッキ圧縮と戦線維持ができますが、《機皇兵グランエル・アイン》の突破力の方が魅力的なのでこちらを採用しました。


《幻想召喚師》

束の間の幻想の為に他者を犠牲にする危ないガンギマリジジイです。
ゲームの勝利を目的とする場合、枚数を増やした方がクロックを早められて強いと思います。


《X・E・N・O》

相手のモンスターを奪うって素敵な事じゃありませんか?
そのモンスターで相手を殴れたらもっと素敵でしょう?


《成金ゴブリン》
《強欲で謙虚な壺》
《打ち出の小槌》
《一時休戦》
《手札抹殺》

こいつらはカオポインフィニティを揃えるためだけに存在しています。
自然に揃う必然力やシャイニングドローを持っている場合要りません。


《名推理》

デッキを圧縮しつつ場のモンスターを1枚増やす強いカードです。
とても弱いので他のカードに変えたいです。


《大嵐》

┏┗┏(´・_・`_´・_・`)┓┛┓


《カオス・インフィニティ》

最強のカードには最強のサポートカードが伴います。
リバースを発動させるだけでなく、相手を起こし、機皇兵を特殊召喚します。
《カオスポッド》の特殊召喚数を1枚増やすことでアドバンテージを稼ぎます。


《ゴーストリック・パニック》
《ゴーストリック・ロールシフト》

【ゴーストリック】の罠カードはリバース全般をサポートするものになっています。

《ゴーストリック・パニック》は自分のモンスターを任意の枚数リバースさせるカードです。
たとえば、寝ている《カオスポッド》を起こさずに《幻想召喚師》の生贄にしてしまう事が可能です。

《ゴーストリック・ロールシフト》はバトルフェイズ中限定、1ターンに1度使える罠版《太陽の書》です。
カードを消費する事無くバトルフェイズを乗り切れます。


《ゴブリンのやりくり上手》

カオポインフィニティを揃える為のカードでもあり、カオポインフィニティが決まった後のドローソースでもあります。


《荒野の大竜巻》

【カオポインフィニティ】には魔法・罠の除去手段が少ないため、強力な永続・フィールドカードの対策として入れました。
《闇の仮面》で拾った場合、相手の《サイクロン》を牽制する事ができます。


《魂の一撃》

《カオスポッド》を強化して殴ります。


《転生の予言》

墓地に落ちた《カオスポッド》を戻す事でカオポインフィニティシステムを復活させたり、相手の妨害をしたり…
《大嵐》を戻して硬直した状況を打開する事もあります。

《バースト・リバース》
《ピンポイント・ガード》

《神の宣告》
《大革命返し》

カオポインフィニティを守る為のカードでもあり、攻撃の為のカードでもあります。
カオポインフィニティが揃っている限り戦闘ダメージを受ける事は無いと信じて、《闇の仮面》《神の宣告》を拾い続けます。



デッキ改正案

・抜くカード

《カオスポッド》
《闇の仮面》
《機皇兵グランエル・アイン》
《カオス・インフィニティ》

この四枚こそが【カオポインフィニティ】のシステムであり【カオポインフィニティ】そのものなので、他のカードは何を抜いても構いません。
僕は堅い絆で結ばれたこの四枚を≪共鳴の四≫(ringtone4)と呼んでいます。
皆さんも柔軟な発想で色々な構築を試してみてください。

・入れるカード

《ヴェルズ・サンダーバード》
《ゼンマイラビット》

カオポインフィニティから逃げながらチクチク殴れる奴らです。


《ダークファミリア》

リバース後墓地に送られる事で、お互いのモンスターを蘇生する効果を持ちます。
2枚でループを起こせるのは勿論、《ゴーストリック・ロールシフト》がある今ならバトルフェイズ中のカオポリバースも狙いやすいと思います。


《魔装機関車 デコイチ》

殴る事ができるドローソースで、《カオス・インフィニティ》からランク4を狙えるカードです。
ドローは単純に強力で、デッキの安定性が高まります。


《ライトロード・ハンター ライコウ》

唯一魔法・罠を問わず破壊できるリバースモンスターです。
安定して魔法・罠を破壊できるリバースが使いづらい《ワーム・アポカリプス》だけなので、バック破壊要員として採用されます。
光の援軍によって墓地肥やしを行いつつサーチすることも可能です。
3枚送りは強制なのでデッキ切れに注意。


《墓守の偵察者》

モンスターを1体増やせるレベル4モンスターです。
守備力が高く、同名リクルートも可能。


《大王目玉》

デッキの上から5枚を操作してしまえば、カオポインフィニティもあっという間にそろうでしょう。
また、英語版の《Big Eye》を使えば相手モンスターを奪えるかもしれません。


《ガード・ドッグ》
《真空イタチ》
《サーチライトメン》

それぞれリバースしたターンの相手の特殊召喚、魔法・罠の発動、カードのセットを封じる効果を持ちます。
カオポインフィニティに巻き込んで発動できればかなり強いので、成功率が高い場合は入れてみましょう。


《聖なる守り手》
《幻影コオロギ》

それぞれ表側・裏側のモンスターをデッキの一番上に戻すリバースモンスターです。
カオポインフィニティにより魔法・罠が減ったデッキは当然サーチ手段も減り、ドローロックの解除もやや困難になるでしょう。


《闇道化師と化したマサヒロ》

3積み必須です。


《大熱波》

攻め手を遅らせられますが…


《リロード》《無の煉獄》

ドローソースはいくらあっても困りません。


《禁じられた聖衣》

《幻想召喚師》から出てきた融合モンスターの自壊を防ぎます。
《ナチュル・エクストリオ》を守る事が多いそうです。


《威嚇する咆哮》
《和睦の使者》

《カオスポッド》の戦闘破壊を防いだり、《闇の仮面》と組み合わせて遅延します。


《しっぺ返し》

相手の《大嵐》を無効にしつつ自分の《大嵐》をサルベージする最強カード
…と思いきゃ相手の《大嵐》はすでに《カオスポッド》によって落ちているんですね。カオスポッド is kami


《妖怪のいたずら》
《スキル・サクセサー》
《スキル・プリズナー》
《ブレイクスルー・スキル》
《ダメージ・ダイエット》


墓地から除外して発動する罠です。
自分のカードを守る《スキル・プリズナー》、相手ターンのエクシーズを妨害できる《妖怪のいたずら》が特に有用だと思います。


【剣闘獣】と混ぜた【岩石剣】や【ゴーストリック】等、混ぜ物については詳しくないので他を当たってください。














《メタモルポット》

5ドローできるし強いんじゃないかな ☆*。+゚ 。゚+☜(・´_`・) L(・`_´・)へ三L(・`_´・)へ三L(・`_´・)へ三

メタモルポット is gomi (´・_・`) (´^_^`)(´^_^`)(´^_^`)
スポンサーサイト
- | 21:08 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.